カテゴリ:お仕事( 79 )

【お仕事】5/22発売のオール讀物6月号で扉絵1点を描きました。

5/22発売のオール讀物6月号で、八咫烏シリーズ外伝「あきのあやぎぬ」(阿部智里著/文藝春秋)の扉絵1点を担当しました。
b0016583_21364544.jpg
b0016583_21365207.jpg
☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村


[PR]
by sasakure0205 | 2018-05-23 21:37 | お仕事

【お仕事】5/10発売の『玉依姫』阿部智里著(文春文庫)の装画を担当しました。

b0016583_21095301.jpg
5/10発売の『玉依姫』阿部智里著(文春文庫)の装画を担当しています。こちらは『八咫烏外伝 烏百花 蛍の章』と同日発売となりました。
とうとうシリーズ累計100万部突破だそうです。そしてコミカライズ決定!おめでとうございます。
装丁は、野中深雪(文藝春秋デザイン室)さんです。

いつものようにモノクロに、今回は「赤」の組み合わせです。
アクセントカラーは「紺」です。今までの1巻〜4巻までは手前の花がすべて「白」でしたが、今回は椿で「赤」が決定していたため、遠近感の出し方など最初どうなるかと思いました……が、色を塗っているうちになんとかなりました(笑)
個人的には、背景の雪山が湖に写り込んでいる様子がこの絵のポイントです。
印刷の具合で、グレーが少し青みがかって見えるかもですが、やはり原画を見ていただきたいなぁと思います。

【元の原画】
b0016583_21100464.jpg
☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村
[PR]
by sasakure0205 | 2018-05-11 20:20 | お仕事

【お仕事】5/10発売の『八咫烏外伝 烏百花 蛍の章』阿部智里著(文藝春秋)の装画を担当しています。

b0016583_19565141.jpg
オール讀物に掲載された八咫烏シリーズ外伝6編と、新たな書き下ろし2編をまとめた単行本『八咫烏外伝 烏百花 蛍の章』阿部智里著(文藝春秋)が5/10に発売となり、装画を担当しています。 装丁は、野中深雪(文藝春秋デザイン室)さんです。

著者の阿部さんから、今回はなんと私の過去のオリジナルイラスト「いばら姫」のイメージがご希望とのこと……こんな嬉しいことはありません。
まだ日の当たらなかった時代のイラストを見直していただけるのは、本当にありがたいことです。

「蛍の章」ということで、夜のイメージ、ほたるぶくろという植物、蛍、暗闇にぼんやりうかびあがる女性……

最初薄い紫のイメージが頭にボンヤリ浮かんだのですが、阿部さんは「群青色」のイメージかもとおっしゃったので、言われてみると確かに群青色は素敵かも……ということで実際に描いてみたら、アクリル絵の具というのはブルーがとても綺麗に発色する絵の具ということが分かり、大正解でした。

先日装画を担当した「月蝕」に続いて、偶然両方とも「夜」で、今までほとんど自分では進んで使ったことがなかったブルーを使うという……ありがたい機会でした。

印刷はかなり綺麗に出ていますが、原画のブルーにはやはりかないません。これは、是非原画を見ていただきたいと思うばかりです。


【元の原画】

b0016583_19570561.jpg

b0016583_19571111.jpg
【発売日当日の書店の様子】八咫烏シリーズtwitterアカウントから写真を拝借
b0016583_23053367.jpg

☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村
[PR]
by sasakure0205 | 2018-05-10 19:49 | お仕事

【お仕事】5/10発売の『月蝕-大江戸算法純情伝(2)』山根誠司著(双葉社)文庫装画を担当しました。

b0016583_20593218.jpg
5/10発売の『月蝕-大江戸算法純情伝(2)』山根誠司著(双葉社)文庫装画を担当しました。 1/11発売の第一弾『茜空』に続き、二作目となります。
装丁は高柳雅人さんです。

<あらすじ>(双葉社サイトから抜粋)
算術家として身を立てるため、「天文方」の採用試験を受けることを決意した柏木新助。与えられた課題は、ひと月後に起こるとされる月蝕の正確な予測だった。偶然再会した旧友の俊芥とともに、その課題に挑むことにした新助は、北城家の庭に自前の観測機器を持ち込み、さっそく月の満ち欠けの記録を取り始めるが、ボヤ騒ぎが起こるなど、何者かに観測を妨害されてしまう。静かな感動を呼ぶ、大注目の新鋭のシリーズ第二弾!

【元の原画】
b0016583_20593917.jpg
☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村

[PR]
by sasakure0205 | 2018-05-09 21:08 | お仕事

【お仕事】5/8発売の『絵草紙屋万葉堂 鉢植えの梅』篠綾子著(小学館)文庫装画を担当しました。

b0016583_15160337.jpg
本日(5/8)発売の「絵草紙屋万葉堂 鉢植えの梅」篠綾子著(小学館)文庫装画を担当しました。装丁はbookwallさんです。

<あらすじ>(小学館サイトから抜粋)
 さつきは、兄や母親と絵草紙屋を営んでいたが、母・お登勢が体調を崩して寝込んでしまう。母を蘭方医に診てもらおうとしたが、伝手のないさつきは紹介してくれる人を探そうとした。そこで思い出したのが、店に来た佐野という武士のこと。自分の家系図を、老中の子息である山城守田沼意知に進呈する話をしていた。佐野を捜し当て、知り合いの栗橋と兄の喜重郎と訪ねたさつきだったが、佐野は、家系図を渡したもののその後何も返事もない田沼への悪態をつくばかりだった。
 そこで、杉田玄白の塾にいる医師を紹介してもらおうと、さつきは地本問屋に出かけた。偶然居合わせた侍に紹介状を書いてもらい、大槻玄沢とい医者に母を診てもらうことができた。しかし、病の悪化した母は亡くなってしまう。病床で、母は自分がさつきの生みの親ではないことを告げた。
 母亡き後、上手くいかなくなっていた万葉堂を立て直すために、友人のおよねに勧められて読売(新聞)を出す事にしたさつき。そんな折、田沼意知が佐野に刺殺されたことを知る。それを書こうとするさつきに妨害の動きもあって…。事件の背後にあるものは? 気鋭の作家による待望の新シリーズ!


【元の原画】
b0016583_14512224.jpg
☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村

[PR]
by sasakure0205 | 2018-05-08 15:19 | お仕事

【お仕事】5/7発売の歴史街道6月号(PHP研究所)で、冲方丁著『月と日の后』の連載挿絵第二回描いています。

5/7発売の歴史街道6月号(PHP研究所)で、冲方丁著『月と日の后』の連載第二回挿絵担当しています。
b0016583_15135054.jpg
b0016583_15140747.jpg
b0016583_15142004.jpg
☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村


[PR]
by sasakure0205 | 2018-05-07 15:14 | お仕事

【お仕事】4/19発売の小説BOC 9号(中央公論新社)で、特別企画「ビジュアルで楽しむ『螺旋の世界』」で挿絵を描いています。

4/19発売の小説BOC 9号(中央公論新社)で、特別企画「ビジュアルで楽しむ『螺旋の世界』」で挿絵を描いています。
私は、澤田瞳子さんの「月人壮士」の名シーンを担当しました。
b0016583_20144078.jpg
b0016583_20144829.jpg
b0016583_20143360.jpg
【元の原画】
b0016583_20145390.jpg
☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村

[PR]
by sasakure0205 | 2018-04-19 20:06 | お仕事

【お仕事】4/6発売の歴史街道5月号(PHP研究所)で、冲方丁著『月と日の后』の連載挿絵第一回描いています。

4/6発売の歴史街道5月号(PHP研究所)で、冲方丁著『月と日の后』の連載挿絵第一回が始まりました。
モノクロ挿し絵を1点描いています。これから約二年間だそうです。
b0016583_09215733.jpg
b0016583_09215803.jpg
元の原画
b0016583_09215591.jpg
あの「天地明察」の冲方丁さんの連載挿絵を担当させていただくことになるとは……大変光栄なことです。
藤原道長の全盛期から武士の台頭期までを生きた彰子の生涯を描いたお話となっており、月1回の連載なので、毎月「歴史街道」の見本をいただくことになります。
これは……歴史を勉強したい!と思っていたことが密かに叶ったような?大人になってからの方が、俄然歴史は楽しめそうですし。。
しかも以前オール讀物で挿絵を担当した「悪左府の女」の時代背景にとても近いので、すごいこの時代の衣装に詳しくなりそう……
今回の5月号は「世界で尊敬された日本人」とあり、早速読みましたがとても興味深かったのです。
学生時代の歴史の勉強は興味が持てず全然ダメで、それはどちらかというと「人」より「時系列」ばかりだったせいかも……。
といわけで、いつか「好きな歴史上の人物は?」と訊かれて、そこから話が盛り上がるようになりたいなぁなどと思いました。

☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村

[PR]
by sasakure0205 | 2018-04-06 09:22 | お仕事

【お仕事】3/24発売の『はなの味ごよみ』高田在子著(KADOKAWA)文庫装画を担当しました。

b0016583_11014740.jpg
3/24発売の『はなの味ごよみ』高田在子著(KADOKAWA)文庫装画を担当しました。
<あらすじ>(KADOKAWAサイトから抜粋)
絶品の料理と、暖かな想い。時代小説の期待の新鋭が放つ、傑作長篇。
鎌倉で畑の手伝いをして暮らす「はな」。器量よしで働きもののの彼女の元に、良太と名乗る男が転がり込んできた。なんでも旅で掏摸にあったらしい。だが良太の料理は味わったことのないほど絶品だった──。

<書店で掲載される登場人物紹介>
b0016583_10471781.jpg


元の原画

b0016583_11052721.jpg
後でレイアウトしやすい様にいつも装画はまわりを多めに描くので、今回装丁されたものを拝見したら、周りに白い部分が見えていることに最初慌てました。
あえて周りのラフな塗りを出すことで、よりアナログ感、絶対にデジタルでは出来ない味わいになっており、とても嬉しいです。
偶然にも周りの塗りをラフにしておいて良かったと思いました(^^;

食べ物をおいしそうに描けるのかが課題でしたが、一時期営業用で食べ物ばかり描いていたことがあったので、
やってきたことで無駄なことはひとつもないなぁと改めて思いました。

☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村
[PR]
by sasakure0205 | 2018-03-31 10:39 | お仕事

【お仕事】2/15発売の『義経暗殺』平谷美樹著(双葉社)文庫装画を担当しました。

b0016583_16533513.jpg
2/15発売の『義経暗殺』平谷美樹著(双葉社)文庫装画を担当しました。
装丁は泉沢光雄さんです。

<あらすじ>(双葉社サイトから抜粋)
1189年、兄頼朝に追い詰められ、平泉に逃げ込んだ義経。頼朝の圧力を受けて、奥州藤原氏・泰衡が衣川で義経を討ち取ったというのが歴史の定説である――しかし、この物語は通説を覆し、義経が妻子とともに自害したところから始まる。ただ、自害とするには現場の状況、義経の心理面などを洞察すれば不自然なことも多い……この謎に「吾妻鏡」に驚異の博覧強記としてその名が上がる、“頭脳の人”清原実俊が挑む。中級の文官である実俊だが、たとえ泰衡相手でも、強気の姿勢を崩さない豪放な性格である。それを苦心して諫めているのが従者の葛丸(男装しているが、実は女性)。泰衡、頼朝の刺客、弁慶、藤原一族。実俊がさまざまな“容疑者”を調べ、推理していく、傑作歴史ミステリー小説。

元の原画
b0016583_16533041.jpg

昨年「雀と五位鷺推当帖」で平谷美樹さんの著作の装画を初めて描かせていただいたのですが、
今回もご縁があって、のご依頼となりました。(出版社は違いますが)
こないだのは時代物推理女性バージョン、今回は男性バージョン……と思いきや、後ろの従者は男装している女性です。
小説は少し難しいですが、二人の掛け合いも面白いので、沢山の人に手に取っていただければと思います。

☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村

[PR]
by sasakure0205 | 2018-02-15 16:53 | お仕事