2018年 10月 04日 ( 1 )

【お仕事】10/4発売の『縁見屋と運命の子』三好昌子著(宝島社)の文庫装画を担当しました。

b0016583_16240917.jpg
10/4発売の『縁見屋と運命の子』三好昌子著(宝島社)の装画(文庫)を担当しました。
昨年3/4に発売された『縁見屋の娘』『このミステリーがすごい!』大賞の第15回優秀賞受賞作)の続編にあたります。

【宝島社HPから抜粋】
声を失った男と、追われる女。運命のふたりが京を守る――。
謎の法師に襲われたところをある少年に助けられた、町娘の貴和。
だが、11年後に再会した彼は、言葉を話さなくなっていて――。
天明八年の大火から五年。貴和と母は、謎の法師に襲われた。通りかかった不思議な少年に助けられるが、翌日貴和の母は失踪する。「必ずお母はんに会える」と少年は告げるが、十一年後に会った彼は、なぜか言葉を話さなくなっていた。そしてある日、貴和の父が描いた辻斬りの芝居絵に酷似した殺人現場が発見され…。すべての事件を結ぶ、貴和と少年の数奇な縁とは?

いつも装画を描くにあたり、原稿を読ませていただくのですが、今回もかなり面白かったです。
個人的には、主人公の絵描きの父親にかなり共感してしまいました(^^; それにしてもリアルだなと思っていたら、著者の方が美術系の大学のご出身でした……
【元の原画】
b0016583_16241680.jpg
☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村
[PR]
by sasakure0205 | 2018-10-04 16:26 | お仕事