【お仕事】5/8発売の『絵草紙屋万葉堂 鉢植えの梅』篠綾子著(小学館)文庫装画を担当しました。

b0016583_15160337.jpg
本日(5/8)発売の「絵草紙屋万葉堂 鉢植えの梅」篠綾子著(小学館)文庫装画を担当しました。装丁はbookwallさんです。

<あらすじ>(小学館サイトから抜粋)
 さつきは、兄や母親と絵草紙屋を営んでいたが、母・お登勢が体調を崩して寝込んでしまう。母を蘭方医に診てもらおうとしたが、伝手のないさつきは紹介してくれる人を探そうとした。そこで思い出したのが、店に来た佐野という武士のこと。自分の家系図を、老中の子息である山城守田沼意知に進呈する話をしていた。佐野を捜し当て、知り合いの栗橋と兄の喜重郎と訪ねたさつきだったが、佐野は、家系図を渡したもののその後何も返事もない田沼への悪態をつくばかりだった。
 そこで、杉田玄白の塾にいる医師を紹介してもらおうと、さつきは地本問屋に出かけた。偶然居合わせた侍に紹介状を書いてもらい、大槻玄沢とい医者に母を診てもらうことができた。しかし、病の悪化した母は亡くなってしまう。病床で、母は自分がさつきの生みの親ではないことを告げた。
 母亡き後、上手くいかなくなっていた万葉堂を立て直すために、友人のおよねに勧められて読売(新聞)を出す事にしたさつき。そんな折、田沼意知が佐野に刺殺されたことを知る。それを書こうとするさつきに妨害の動きもあって…。事件の背後にあるものは? 気鋭の作家による待望の新シリーズ!


【元の原画】
b0016583_14512224.jpg
☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村

[PR]
by sasakure0205 | 2018-05-08 15:19 | お仕事
<< 【お仕事】5/10発売の『月蝕... 【お仕事】5/7発売の歴史街道... >>