【お仕事】2/15発売の『義経暗殺』平谷美樹著(双葉社)文庫装画を担当しました。

b0016583_16533513.jpg
2/15発売の『義経暗殺』平谷美樹著(双葉社)文庫装画を担当しました。
装丁は泉沢光雄さんです。

<あらすじ>(双葉社サイトから抜粋)
1189年、兄頼朝に追い詰められ、平泉に逃げ込んだ義経。頼朝の圧力を受けて、奥州藤原氏・泰衡が衣川で義経を討ち取ったというのが歴史の定説である――しかし、この物語は通説を覆し、義経が妻子とともに自害したところから始まる。ただ、自害とするには現場の状況、義経の心理面などを洞察すれば不自然なことも多い……この謎に「吾妻鏡」に驚異の博覧強記としてその名が上がる、“頭脳の人”清原実俊が挑む。中級の文官である実俊だが、たとえ泰衡相手でも、強気の姿勢を崩さない豪放な性格である。それを苦心して諫めているのが従者の葛丸(男装しているが、実は女性)。泰衡、頼朝の刺客、弁慶、藤原一族。実俊がさまざまな“容疑者”を調べ、推理していく、傑作歴史ミステリー小説。

元の原画
b0016583_16533041.jpg

昨年「雀と五位鷺推当帖」で平谷美樹さんの著作の装画を初めて描かせていただいたのですが、
今回もご縁があって、のご依頼となりました。(出版社は違いますが)
こないだのは時代物推理女性バージョン、今回は男性バージョン……と思いきや、後ろの従者は男装している女性です。
小説は少し難しいですが、二人の掛け合いも面白いので、沢山の人に手に取っていただければと思います。

☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村

[PR]
by sasakure0205 | 2018-02-15 16:53 | お仕事
<< 【お仕事】3/24発売の『はな... まるで生き物 >>