カテゴリ:お仕事( 72 )

【お仕事】2/15発売の『義経暗殺』平谷美樹著(双葉社)文庫装画を担当しました。

b0016583_16533513.jpg
2/15発売の『義経暗殺』平谷美樹著(双葉社)文庫装画を担当しました。
装丁は泉沢光雄さんです。

<あらすじ>(双葉社サイトから抜粋)
1189年、兄頼朝に追い詰められ、平泉に逃げ込んだ義経。頼朝の圧力を受けて、奥州藤原氏・泰衡が衣川で義経を討ち取ったというのが歴史の定説である――しかし、この物語は通説を覆し、義経が妻子とともに自害したところから始まる。ただ、自害とするには現場の状況、義経の心理面などを洞察すれば不自然なことも多い……この謎に「吾妻鏡」に驚異の博覧強記としてその名が上がる、“頭脳の人”清原実俊が挑む。中級の文官である実俊だが、たとえ泰衡相手でも、強気の姿勢を崩さない豪放な性格である。それを苦心して諫めているのが従者の葛丸(男装しているが、実は女性)。泰衡、頼朝の刺客、弁慶、藤原一族。実俊がさまざまな“容疑者”を調べ、推理していく、傑作歴史ミステリー小説。

元の原画
b0016583_16533041.jpg

昨年「雀と五位鷺推当帖」で平谷美樹さんの著作の装画を初めて描かせていただいたのですが、
今回もご縁があって、のご依頼となりました。(出版社は違いますが)
こないだのは時代物推理女性バージョン、今回は男性バージョン……と思いきや、後ろの従者は男装している女性です。
小説は少し難しいですが、二人の掛け合いも面白いので、沢山の人に手に取っていただければと思います。

☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村

[PR]
by sasakure0205 | 2018-02-15 16:53 | お仕事

【お仕事】本日発売の「婦人公論」2/27号(中央公論社)でモノクロ挿絵10点描いています。

b0016583_11181930.jpg
b0016583_11182730.jpg
本日発売の「婦人公論」2/27号(中央公論社)『道ならぬ恋におぼれるヒロイン図鑑』モノクロイラスト10点描きました。
掲載ページはイラストがメインですので、雑誌発売中はここに掲載出来ません。
書店やコンビニで、雑誌の方をご覧になってみてください。
後で気がつきましたが、目次にも名前が入っている…!ありがたいことです…
誌面に対してイラストの割合が大きいということもあり、私にとってもかなり嬉しいお仕事でした。


☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村

[PR]
by sasakure0205 | 2018-02-13 11:19 | お仕事

【お仕事】1/22発売予定の「歌まな 中学社会をボカロ42曲で学んじゃいますか?」イラスト2点担当しました

b0016583_11191934.jpg
b0016583_11205322.jpg
1/22発売予定の「歌まな 中学社会をボカロ42曲で学んじゃいますか?」イラスト2点担当しました。
先日見本をいただきました。中学生向けの学習教材です。
私は社会の歴史(奈良〜平安時代)を担当しました。表紙にもイラストを掲載していただいています。
法隆寺や、阿修羅像、平等院鳳凰堂の鳳凰をイラスト的に描くのは難しかったですが、描いているうちに楽しくなって来たり^^;

【内容紹介】Amazonページより抜粋
中学社会をボカロ42曲で学んじゃいますか?
この本は,中学社会の内容を,ボーカロイドの曲を聞きながら覚えることができるようになっています。
中学3年間の歴史・地理・公民の内容が全42曲に収録されています。
楽曲はすべて書きおろしのオリジナル曲です。
1曲ごとにフルカラーのイラスト歌詞ページを設け,聴いて楽しめる・見ても楽しめる内容となっています。
はじめは,勉強しようなんて思わなくてもだいじょうぶ。気楽に曲を聴いているだけで,いつのまにか重要なポイントを自然と暗記していることでしょう。
学習ページもしっかりと用意しています。興味がわいたら学習ページでさらに理解を深めてみてください。

【元の絵】
b0016583_11233697.jpg
b0016583_11234386.jpg
☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村




[PR]
by sasakure0205 | 2018-01-22 11:14 | お仕事

【お仕事】1/11発売の『茜空-大江戸算法純情伝(1)』山根誠司著(双葉社)文庫装画を担当しました。

b0016583_10592025.jpg
1/11発売の『茜空-大江戸算法純情伝(1)』山根誠司著(双葉社)文庫装画を担当しました。
装丁は高柳雅人さんです。

<あらすじ>(双葉社サイトから抜粋)

槇岡藩の下級武士の息子・柏木新助は、江戸に出て一流の算術家になるのが夢。そんな新助に、千載一遇の好機が巡ってきた。江戸の幕臣・北城家への養子入りの話が持ち上がったのだ。勇んで江戸に出てきた新助だが、思わぬ現実が待っていた。さまざまな事情により、養子入りの話が立ち消えになったというのだ。北城家の「厄介者」となった新助は、算術に救いを求め、関孝和の算術塾の門を叩く。大注目の時代小説新シリーズ第一弾!


もともと著者の方は、ブルーバックス(講談社が刊行している新書で、自然科学全般の話題を専門家ではない一般読者向けに解説・啓蒙しているシリーズ)で、算術の本等を出版されていた方で、今回が時代小説デビューとなるそうです。

どうか沢山の人に手にとっていただけますように…!


タイトルが「茜空」ということで、全体的に色合いを絞ってます。

いつも手描きで失敗が出来ないのもあり、様子を見ながら色を重ねているのですが、

「オレンジ」「紫」のバランスは上手くいったかな……と思います。

主人公が故郷から江戸へ出発するイメージで、時期が5月ごろだった為、足もとに菖蒲があります。


私自身、最近時代小説の装画を手掛けることが多くなってきました。

過去に(福山雅治のファンなので)たまたま龍馬伝の写真集を買っておいてよかった……とか、自分で着付けが出来てて良かった……等と改めて思いましたが、歴史自体にもかなりの興味が出て来ましたので、歴史小説を読んだり、映画や大河ドラマを見たり、お城巡りもしてみたいなぁと思います。


元の原画

b0016583_10593262.jpg


☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村


[PR]
by sasakure0205 | 2018-01-11 11:05 | お仕事

【お仕事】12/22発売のオール讀物1月号で挿絵を描きました。

12/22発売のオール讀物1月号で、八咫烏シリーズ外伝「まつばちりて」(阿部智里著/文藝春秋)の挿絵を担当しました。
八咫烏シリーズ2作目の「烏は主を選ばない」の登場人物の中の一人のお話です。
今までは人物を描くことが多かったので、今回は阿部さんのご希望もあり人物以外で描いてみました。
扉絵は、構図が自分としてはあまり描いたことのないパターンで、意外に面白いものとなりました。
文中の挿し絵は、手描きならではのにじみや、ホワイトで後から星を描いたりと、後々原画で見てもらっても面白いような絵となりました。
b0016583_16044228.jpg
b0016583_16001683.jpg
b0016583_16002348.jpg
元の絵
b0016583_16013883.jpg
b0016583_16014780.jpg
☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村
[PR]
by sasakure0205 | 2017-12-22 16:01 | お仕事

【お仕事】12/7発売予定の『花精の舞』波多野聖著(KADOKAWA)の装画を担当しました。

12/7発売の『花精の舞』波多野聖著(KADOKAWA)の装画を担当しました。 装丁デザインは、KADOKAWAデザインルームの須田杏菜さんです。

【あらすじ】※KADOKAWAサイトから抜粋※
能楽家の娘として生まれた綾は、女ながら能楽師になりたいと志す。東京からロンドン、そしてパリへ──。美を追い求め、舞を追い求めて、明治・大正・昭和の時代を生き抜いた女性の、華麗なる大河小説!
* * *
仕事のご依頼を受けたとき、またもや来た!…と内心飛び上がりました。私が昔からずっと好きで描いてきた「レトロな着物女性」をまた仕事として描けるなんて。。もちろん、過去のお仕事でありがたいご依頼は沢山あります。にしても今回はストライクゾーンど真ん中です。
打ち合わせで、2011年の初個展で描いたDMのイラストのような絵がご希望とのことで、こんなに嬉しいことはありません。今でも個展で人気があり、個人的にも気に入っているイラストなので…
色彩は、全体的にセピア調にし、色数を減らしています。手前と奥の桜の遠近感をつけました、そこがポイントです。

先程見本が届いて、その装丁の素敵さに興奮、感動しました。
やはりデザイナーさんはすごい……と。
紙の質感やカバーをはずした時など、これは是非お手にとっていただきたいです。
b0016583_14083663.jpg
b0016583_14084685.jpg
b0016583_14093282.jpg
b0016583_14094154.jpg
元の絵
b0016583_17540709.jpg
☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村

[PR]
by sasakure0205 | 2017-12-02 14:11 | お仕事

【お仕事】『天ノ狗ーアメノキツネ』芳納珪著(エブリスタ連載中)装画を描きました。

昔からのイラストレーター仲間で小説を書いている人がいまして、読ませていただく機会があり、これは面白い!と驚いていたら、最近ひそかに注目されているエブリスタというweb小説サイトで小説をアップしたいとのこと……内容に絵柄が合っているので、私に装画を描いてもらえないか、というのが依頼のきっかけです。
個人依頼とはいえ、きちんとお仕事としてだったので、普段の仕事と同様に頑張りました。
現在エブリスタというサイトで連載中の「天ノ狗」はコチラで読むことができます。
装丁デザインはその友人、私はイラストのみです。

【あらすじ】 稲荷神社が実家の倭加宮マキは、幼いころに境内で出会った氷碕リョウと14年ぶりに再会する。養父を亡くしたばかりのリョウは、後見人の橘に不信を抱き、マキを頼るようになる。彼を襲った〈狗《きつね》〉とは? マキとリョウの絆とは…
b0016583_13481973.jpeg
b0016583_13495650.jpg
☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村

[PR]
by sasakure0205 | 2017-11-20 13:52 | お仕事

【お仕事】9/14発売の『逆島断雄 進駐官養成高校の決闘編2』石田衣良著(講談社)文庫装画を担当しました。

掲載遅くなってしまいましたが、1巻に引き続き、9/14発売の『逆島断雄 進駐官養成高校の決闘編2』石田衣良著(講談社)文庫装画を担当しました。
今回は色合いがブルー、少年漫画っぽい表紙となり、見本をいただいた時とても良い感じでテンションが上がりました。
ラフの時点では、ジョージ(制服の方)が後ろに立つ構図だったのですが、仕上げてみたらこれは前の方がかっこいいかも…と思っていたら、デザイナーさんがその通りにレイアウトしてくださってました。
グレーの地紋も、よく見ると今回は水玉になっています。

続編の装丁がまたどんな色になるか楽しみでもありますが、キャラクターを描くのも楽しみでもあります。
こちらの原画も、10/1〜の吉祥寺パルコブックセンターでの個展でご覧になることが出来ます。(私の会場滞在時のみとなります)

○会場滞在予定
10/1(日)14時~18時
10/5(木)17時半~20時
10/7(土)~9(祝)14時~18時
10/13(金)17時半~20時
10/14(土)14時~18時
b0016583_14024197.jpg
<元の絵>
b0016583_14030147.jpg
b0016583_14030863.jpg
☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村


[PR]
by sasakure0205 | 2017-09-26 14:03 | お仕事

【お仕事】8/9発売予定の『逆島断雄 進駐官養成高校の決闘編1』石田衣良著(講談社)文庫装画を担当しています。

8/9発売予定の『逆島断雄 進駐官養成高校の決闘編1』石田衣良著(講談社)文庫装画を担当しています。(こちらは元の単行本を二分割し、文庫化したものです)先日見本をいただきました。

<あらすじ>(講談社Webサイトから抜粋)

日乃元皇国にある軍人・進駐官を養成する超エリート高校に入学した逆島断雄は、皇室を守護する近衛四家から没落した逆島家の次男。「諸君には、これからの三年間で人を殺す100通りの方法と、国を滅ぼす100通りの方法を覚えてもらう」という担任……。入学早々に謎の銃撃事件に巻き込まれた断雄たちは、その後も次々と事件に襲われる。生存をかけた真の闘いがいま、始まった!

b0016583_12000076.jpg
前々から軍服の女性をオリジナルで描いてみたいなあ…とぼんやり思ってはいたのですが、なかなか実現せず、そんなところに、ありがたくも依頼をいただき、とても楽しく描かせていただきました!
そして、石田衣良さんの著作は過去に何作か読んでいますし、まさか装画を担当することになるとは…!と、とてもありがたい機会でした。
今まで担当した本の著者の方に、気に入っていただけたか訊く機会があまりないのですが、いつもそこが一番気になるところなので、いつか全員のご感想を聞く機会が出来たらいいな…と常々思います。

装丁のデザインは、偶然にも以前私が装画を担当した「縁見屋の娘」の装丁も担当された高柳雅人さんでした。
イラストをキリヌキというのは初めての機会でしたし、タイトルの太い文字の中にイラストのアップが入っているデザインがとても凝っていて、今までイラストの脇に文字を入れる…というのが多かったためか、とても新鮮で面白く感じました。
b0016583_11514306.jpg
男の子の衣装が白いので、影を濃いめに色を付けるなど工夫はしたものの、若干不安にも思っていましたが、フラットな白とグレーの背景により、人物の手描きの風合いが良い感じに目立っていて嬉しかったです。

<元のイラスト>
b0016583_11581885.jpg
b0016583_12022894.jpg
☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村



[PR]
by sasakure0205 | 2017-08-06 11:58 | お仕事

【お仕事】7/28発売予定の『弥栄の烏』阿部智里著(文藝春秋)の装画を担当しています。

八咫烏シリーズついに最終巻、6作目『弥栄の烏』(阿部智里著/文藝春秋)が7/28(金)に発売となります。昨日見本をいただきました。

<あらすじ>(文藝春秋Webサイトから抜粋省略)
八咫烏の一族が支配する異世界・山内。
「うつけ」の若宮と「ぼんくら」近習の少年・雪哉という若き主従の活躍を中心に、賢く華やかな宮廷の姫君、
若宮を取り巻く護衛の青年たちが繰り広げる、お妃選びと権力争い、友情と断絶、成長と再生を描いた壮大な和風ファンタジー。
一冊ごとに表情を変えながら読者を魅了、80万部を突破したこの物語の第一部完結篇「弥栄の烏」は、主人公・雪哉の弟が武官訓練所である剄草院に入学準備する場面から。
その実力を認められ、全軍の参謀役にまでなった雪哉、敵対する勢力を抑えて朝廷の実権を掌握した若宮が治める山内を大地震が襲い、
開かれた金門の扉の向こうには、山内を恐怖に陥れた「人喰い大猿」が現れた。
ついに始まった、猿と八咫烏の最終決戦。
若宮は名前を取り戻し、真の金烏となれるのか。山内は栄えるのか、それとも滅びに向かうのか―ー

帯ありバージョン。(今回もデザインは文藝春秋デザイン部の関口信介さん)
b0016583_15102710.jpg
帯なしバージョン。
b0016583_15103232.jpg
カバーを開くと表紙はこんな感じ(銀色でした!豪華…!)文中にいくつかモノクロのカットを描いています。
b0016583_15103856.jpg
「玉依姫」は赤基調のお姫様だったのですが、「弥栄の烏」は青基調のお姫様となりました。
お話の内容が、「対」になっているのもあります。人間側の世界から見た物語。八咫烏の世界から見た物語。
このお姫様は一体誰なのか??皆様の反応が今からとても楽しみではあります(笑)
後ろには赤ちゃんを抱えた雪哉とか、なかなか謎がある表紙となりました。
b0016583_15104479.jpg
原画はこんな感じ。B2サイズです。
白い衣装、白い椿、絵で「白」を表現することはなかなか難しく、今回は白の面積が多いので、ボヤけないようにすることが課題でした。
ピンク〜白〜紫〜青の色のバランスが上手くいって、よかったです。

ますます広がる八咫烏シリーズ、より沢山の方に手にとってもらえたら嬉しいです。

☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村


[PR]
by sasakure0205 | 2017-07-23 15:29 | お仕事