【お仕事】7/20発売の「黄金の烏」の装画を担当しています。

「烏に単は似合わない」(松本清張賞受賞)「烏は主を選ばない」に続き、阿部智里さんの三作目、「黄金の烏」が、7/20(日)に発売となります。

<あらすじ>(文藝春秋Webサイトから抜粋)
八咫烏が支配する世界〈山内〉を揺るがす危険な薬と人喰い大猿。
故郷の危機に敢然と立ち向かう世継ぎの若宮と元近習・雪哉は危険を顧みず――

帯ありバージョン。(今回もデザインは文藝春秋デザイン部の関口信介さん)
b0016583_117254.jpg

帯なしバージョン。
b0016583_1174352.jpg

扉はこんな感じに。(今回も文中にいくつかモノクロのカットを描いています)
b0016583_1191795.jpg


出て来る小物のひとつひとつや、情景の描写が本当に美しく、また不思議で、ワクワクしながら読みました。

引き続き、装画を担当させていただけて、本当に嬉しいです。
装丁は、今までと雰囲気がガラっと変わりました。(いままでは白かったのです)
黒を基調とした重厚感のある仕上がりに!
文庫の時と同じようにサイズを二倍にして描いたので、絵もかなり綺麗に出て良かったです。
今回は、「背景を入れる」こと、「迫力のある感じ」に…とのことで、これもまた私にとっての挑戦となりました。
(毎回テーマがあって、私的にはとても描きやすいのです)
お仕事で少しずつ絵の幅が増えていくのは、とてもありがたいことです。

最近、毎日のように(笑)6/10に発売した「烏に単は似合わない」の文庫の感想を検索していますが、
多くの方に手にとっていただけているようで、とても嬉しく思っています。

どうか、三作目も多くの方に手にとってもらえますように。

☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村
[PR]
by sasakure0205 | 2014-07-13 11:01 | お仕事
<< 『黄金の烏』本文のモノクロカット 「第3回クリエイターEXPO東... >>