初めての文芸書装画のお仕事

イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします。

装画のお仕事をさせていただいた本が、文藝春秋様より本日発売となりました。松本清張賞を最年少で授賞された、阿部智里さんの小説「烏に単は似合わない」です。
私の拙い感想で申し訳ないのですが、内容は、ファンタジーで4人のお姫様が若宮の后候補を巡っての女同士のバトルが見物です。最後まで目が離せません!最後の大どんでん返しがすごかった…
紹介のページはこちら
全国の書店および、ネットでも発売しているようなので、よろしくお願いいたします。
一人でも多くの方に手にとっていただけますように。

ここまで、私の趣味全開でさせていただいたお仕事は初めてで、本当に描いてて楽しかったです。
何よりも、ずっと心の中で願ってたことでしたし、私の絵が誰かのお役に立てるということがとても嬉しくて…
今迄ずっと頑張ってきてよかったなあ…としみじみ思いました。
とはいえ、これからも頑張らなければならないのですが。
恐れ多くも、昨日は松本清張賞授賞式にも参加させていただいたのですが、(見てるだけで)始終緊張していました…。会場では作者の阿部さんとも実際にお会い出来て嬉しかったです。20歳での授賞、作家デビューってすごいなあ…。

一週間前に見本誌が送られてきていたのでした。
私が最後に見たのは文字の入っていないイラストのみの状態だったので、ピンク基調のすてきな装丁デザインに大興奮でした。
b0016583_18212653.jpg

帯をとるとこんな感じ
b0016583_18213470.jpg

謹呈の紙は家宝にします!
b0016583_18171691.jpg

[PR]
by sasakure0205 | 2012-06-23 18:21 | お仕事
<< それから1年 暑い >>